炭パウダーを販売している炭の屋。店長の三浦でございます。
2002年より紀州備長炭と、竹炭の微粉末を販売しております。

紀州備長炭パウダー

3〜10ミクロン 800メッシュ
1kg 8,200円(税込)
紀州備長炭
このイラスト。紀州備長炭ではないですが。。。
紀州備長炭こそおすすめです!

紀州備長炭100%を、日本に一台しか無い粉砕機で3ミクロン〜10ミクロン以内にしました。舌にのせても感触がわからないほど細かいです。1kg 8,200円。 江戸時代〜昭和の初期まで、備長炭用のすりこぎがあったそうです。炭焼きさんは備長炭を食べていました。無病でぽっくりが炭焼の特徴と長く言われてきたのも、なにか理由があるのかも。

  • 通電性がある
  • ミネラルがより豊富
  • 化学物質の吸着。シックハウス対策。
  • 江戸時代から食されていたのは紀州備長炭

竹炭パウダー

3〜10ミクロン 800メッシュ
1kg 7,800円(税込)
竹炭

竹炭は100%国産 主に京都と四国の孟宗竹

こちら竹炭をつかった粉末も同じく3〜10ミクロン

竹炭を食べていた記録はありませんが、こちらも同じく日本に一台しかない粉砕機で粉砕。なぜか平成に入って竹のほうがミネラルが豊富のようなイメージがありますが、成分分析で全て調べ尽くせなかった備長炭のほうがミネラル分も圧倒的。ただし消臭効果は竹炭が最高です。

消臭は炭の表面に合いたミクロの穴が吸着しますが、炭を約ときの温度が低いと穴が大きいため、アンモニア臭などを吸着します。そのため介護用品、おむつなどにも現在も使われています。また、プロスポートレーナーが選手のスポーツマッサージで使ったりしていました。(現在は不明)

  • 竹を使ったマッサージをするプロスポーツトレーナーも
  • 消臭は竹炭イチバン!備長炭は消臭効果は薄い
  • 大手食品メーカー、ソープブランドもこの竹炭使用!
  • MUJIに以前会った炭バームも竹炭でした

 

遮光袋に入れてお送り致します。

銀色の、光を通さない袋にお入れしてお送りいたします。

ジップロックのようになっていますが、ミクロの炭の粉が細かすぎるため、

使用していると案外と早く、袋の口がしっかり閉まらなくなります。

こればかりや仕方ありませんので、小瓶や別の小さな袋に分けて、こちらをメインで利用されると良いかもしれません。

炭の粉は湿度に敏感ではありませんので、多少袋の口が空いていても大丈夫なのですが、水分は苦手です。かかったからと行って特に悪くなったり、固まることはないのですが念の為でございます。

1kgの袋ですので、写真のものより大きいです。
炭パウダーは、日本に1台しかない精密な粉砕機械でミクロにしています。
一度に最低2〜3トンもつくります。

そして大腸菌検査をしたあと、無菌室で真空パックいたします。
そのため、1kgが最小の袋になります。

サンプルなどの100g 袋などはご用意ございません。

とても細かい3ミクロンの備長炭の粉
非常に細かく、一度お洋服につくと、漂白剤でも絶対落ちません。
ミクロのつぶつぶが繊維の中にまで入り込みます。
そして其のつぶつぶ1つ1つに、更に小さなミクロの穴が合いています。
1mm四方の紀州備長炭の表面にあいた穴の表面積は、テニスコート1面分あると実験でわかりました。

配送とお支払いについて

おおむねご注文から2日〜4日で到着いたします。
トン単位で粉砕していますので在庫はいつも十分ございますが、稀に1kg袋が足りなくなるので其のときはお知らせいたします。

お支払い方法は以下の3つ

クレジットカード・お代引き(手数料430円)・お振込(UFJ・ゆうちょ)
お振込先


三菱UFJ銀行
吉祥寺(キチジョウジ)支店  (店番:220)
普通口座
口座番号: 2553755
口座名: ヒバチヤ

ゆうちょ銀行
記号:10080
番号:94782931
ミウラ ノブヒト

弊店、炭パウダーのお店について

2004年からの販売なので、インターネット上では最も古いお店です。
この14年間で、日本全国の飲食店さん、企業様へ販売を続けてまいりました。
弊店は主に小ロットを扱っておりますが、紀州備長炭パウダー、竹炭パウダー、ともに1kg袋が最小のサイズとなっております。
個人様でも皆さん1kgをお買い上げ戴いておりますが、およそ半年ほどもちます。
その他、商品情報についてはこれからご説明申し上げます。
なお、ただ1つお気をつけいただきたいこと。

炭は食品ではありません。

食品でしたら、食品としての認可が必要です。
またその認可は、製造販売者が申請をし取得します。
でも炭の製造販売者は炭焼きさんです。
炭焼き職人さんは、炭を焼いています。
食品を作ってはいません。

ではなぜ食用として売られているかと言うと、昔から日本人は備長炭ですが、食べていた歴史があります。

明治生まれの炭焼きさんなら、ほぼ間違いなく備長炭専用のすりこぎで、ごりごりやって食べていました。

ですが、食品ではありません。

唯一、厚生労働省の添加物リストの中に、炭が記載されています。

ゆえに、現在インターネット上で食用炭とされているのは、本質的には誤りです。

2004年当時、厚生労働省の方から「食用との表現は駄目」とメールをいただいたことがございます。

その後、恐らく食用炭の表記チェックがまにあわなくなったのでしょう。

現在は食用炭という表記は多く見られます。ですが本来は、添加物として認められているだけです。

それを踏まえた上で今まで販売しております。

大手メーカーでも炭を混ぜたものを販売していますし、以前はMUIも炭のバームクーヘンを販売していました。どれも添加物として使用したものでした。こうした背景と実情を正直に明記した上で、当店は14年間ノークレームで備長炭パウダーと竹炭パウダーを販売してまいりました。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

まず先に商品がこちら 2種類のみでございます。

炭パウダー
備長炭パウダー 1kg

2019/8/22  

備長炭パウダーです。

紀州備長炭を3ミクロンまで細かくしたパウダー、粉末です。どのくらい細かいかというと、人間の舌ではその感触を検知出来ないほど。これ以上細かいものもありますが、細かすぎて扱いが難しいので、このサイズに収まりました。 備長炭の最大の特徴は、表面にミクロの穴があいていること。そのミクロの穴は様々な経があり、その経のサイズに合う物質が吸着されます。

そのためニオイ物質や、化学物質などそのミクロの穴で吸着していきます。主にアンモニア臭などは黒炭とよばれるナラ炭や、活性炭が適合しますが、化学物質などになると備長炭でないと吸着できません。また紀州備長炭についてはイヤシロチ的な効果が有るようです。私も当初は怪しいなと思ったのですが、実際に長年備長炭と付き合ってきて感じるのは、明らかになにかこう清々しい空気感のようなものです。このへんはずっと詳しい方がいらっしゃると思うのでこれ以上の説明は省きますが、いずれにしても不思議な炭であることは間違いありません。

他にも昔は炭焼き職人さんは備長炭を専用のすりこぎで細かくして食したり、また傷口に擦り付けて傷を癒やすなどのヒーリングの効果は言い伝えで使われてきました。痛い場所の当てると痛みが取れるというのも言い伝えで存在しますが、これまた怪しいと思っていました。しかしエドガー・ケイシーという方の炭素の塊を患部に当てるというのを聞いて、炭は炭素ですので同じことを感じたりもしました。 恐らくこうしたスピリチュアル系のことは、今後科学的に解明されてくるのかもしれません。

他にも備長炭にしかない特徴として、電気を通す、発電するというのもがあります。そのため機械工業で使われる場合は静電気が発生しないので備長炭の粉末が最適です。電磁波を遮蔽する効果もあるため、今では電子機器や私達誰もが知っているメーカの製品の中で使われていたりもします。

[st-midasibox title="価格" fontawesome="" bordercolor="" color="" bgcolor="" borderwidth="" borderradius="" titleweight="bold"]

紀州備長炭パウダー 3~10ミクロン粉末  1kg 8,200円

[/st-midasibox]

炭パウダー
竹炭パウダー 1kg

2019/2/20  

国産の孟宗竹100%の竹炭パウダーです。備長炭パウダーよりも販売量は多いのですが、おそらく竹のほうがイメージが付きやすいため、竹のほうがなんとなく体に良い感じがするためだと思います。昔の炭焼き職人が食べていたのは備長炭パウダーの方ですが、それは竹が繊維質であること。あまり細かく出来る道具がなかったこと、竹の繊維がガラスの繊維同様強いので、腸に傷をつけるからというふうに、昔の人に聞いたことがあります。現在は、国内に1台しかない粉砕機で粉砕しています。細かいのはもちろんですが、粒度の安定度というのがありまして、これが90%以上になります。あまり細かい話をしてもしかたないのですが、口に入れても舌でざらつきを検知できない細かさと申し上げるのが一番わかり易いかもしれません。

紀州備長炭パウダーの効果

紀州備長炭だけが持つ特徴ががあります。
ちょっと長くなってしまうのですが、色々と書いてみたいと思います。

炭パウダーは体にどんな影響があるの?

お客様からよくいただくご質問です。
そして当然のことながら、私には答えることが出来ません。
炭パウダーを食べるとこんな効果がありますよ〜。と申し上げたとたん、薬事法違反になってしまいます。

そもそも炭は、食品ではございません。

炭はあくまで燃料。

食用炭なるものは元々は存在いたしません。

私どもが販売しておりますのは、紀州備長炭と、竹炭パウダーを、3ミクロン〜10ミクロンまで細かくしたモノ。を販売しておるだけでございます。

紀州備長炭パウダーは何に使われているの?

工業製品と、食品です。

特に工業製品としては紀州備長炭に変わるものはなく、その伝導性のある特異な性質故、電磁波遮蔽の素材としてかなり多くの電気製品の内部につかわれていたり(部品と部品の干渉を防ぐため)、粒の大きさはミリ単位ですが、世界シェアの半数近くを手がける工事用車両の、鉄部分につかわれたり。ほかにも繊維、プラスティックなどにつかわわれてきました。どれも備長炭の粒、もしくはミクロパウダーである必要のあったものです。

一方で私どもはエンドユーザー様へ販売してまいりました。
北海道から九州まで、アイスクリームから、焼鳥、カレー、京都の老舗和菓子、日本全国のパン屋さん、ケーキ、中華料理屋さん、あらゆる食品におつかいいただいております。

食品としての使っても平気なの?

本来、炭は食品として認められていません。

一方で、昔から紀州備長炭の炭焼き職人さんが、備長炭専用のすりこぎで細かくして食べていたという話は有名です。企業名は出すことは出来ませんが、一部上場企業様には、10数年にわたってお使いいただいております。品質管理が非常に厳しい中、クレームはこの15年間、1度もいただいておりません。ご安心ください。

紀州備長炭だけの、世界に類を見ない特徴

竹炭を焼くときの燃焼温度が、恐らく400度以下。
くぬぎ炭、なら炭の燃焼温度が 500度〜600度程度。
紀州備長炭が1000度〜1200度。

どの木材も1000度で焼くことは出来ます。1000度で焼くと白炭とよばれる備長炭になります。

でも備長炭になるのは紀州だけ。ではなぜ紀州備長炭だけ1200度で焼かれるのか?
それは他の木を1000度で焼いてもあまり意味が無いからです。備長炭は炭として最高品質。長く燃えているし熱量もうちわ1つで自由自在。

最高温度1200度ていどあります。でも他の木材を備長炭にしても、すぐに燃えてしまう(燃焼温度が短い)うえに、1000度以上で燃え続けることができません。そのため他の木材を備長炭のように焼いても需要がなかったわけです。竹炭パウダーの原料となる竹炭は400度以下でじっくりゆっくり焼いたものです。(これが悪いという意味ではなく、違いという意味です。お間違えなく!)

面白いのが、竹炭を1000度で焼く白炭の焼き方は、中国のほうが技術力が上だということ。これは燃料協会の方から伝え聞いた話で、私が直接中国へ行ったわけではありません。も話では、物凄く固い竹炭を焼く技術に長けているとのことです。実際見たことがあるのは、とんでもなくぶっとくて、大きな竹の頭を炭にしたもの。それを彫刻のように何か彫り物がしてありました。なんかめちゃめちゃ見事でした! とまあ、そんな竹炭もあるというお話でした。

江戸時代から食べていた備長炭

備長炭と名付けたのは、和歌山の商人。備長炭とは紀州備長炭のことを指しました。その当時から紀州備長炭は貴重品でしたが、炭焼き職人は炭を食べていました。私が聞いたところにヨルと、昭和の40年ころまでは備長炭専用のすりこぎなるものがあって、それでゴリゴリすって粉にして食べていたそうです。

厚生労働量は炭を食用とは認めていないが、添加物としては認めている

改めて書いておきます。食用の炭は存在しません。

厚生労働省の食品の定義 で検索すると定義がでてまいります。

不純物検査はできますが、炭をつくっているのは食品メーカーではなくて、炭焼き職人さんです。

なので、食品として認可を取ろうとしても取れないというのが実情です。ただし添加物一覧には炭がのっています。

厚生労働省の一般飲食物添加物リスト の55番目に活性炭があります。「

鋸屑、木片、ヤシ殻の植物性繊維質、亜炭又は石油等の含炭素物質を炭化後、賦活化を行って得られたものである。」

とあります。かなり広範囲の炭素を活性炭としています。当然、備長炭も竹炭も内包されますが、本来は食用炭というものは無いことになっています。10年前は食用炭とかいて、厚生労働省からお電話いただいた企業さんもございます。文章の改定をもとめられたお店もございます。

こうした経験から、弊店では食用炭とは一切書いておりません。お上から指導を受けないための伏線ですので、細かい話ですがご理解ください。

 

炭焼き職人の特徴

炭焼き職人さんは無病で、病気知らず。と言われています。

実際私が聞いた話ですと、80近くになっても1箱15kgの炭を1000箱出し入れしていたなど、炭焼きおじいさんの逸話は数多く残っています。ちなみに私も毎月1度、炭の箱2000箱を積み下ろしします。でもこれは10kg入りなのです。だからわかります!紀州備長炭は15kg入り1000箱のほうが断然大変です!すごいおじいちゃん!!

恐らく、炭の灰や、炭の粉などを吸うことも関係あったかもしれませんが、やはり備長炭を食べていたことの意味が大きかったかもしれませんね。

 

備長炭パウダーを使った商品

炭でつくったアメニティー歯ブラシなど
備長炭は主に工業製品に使われます。そして、竹炭よりも吸着力と耐久性がありますので、劣化が少ないです。そのためこうしたアメニティーには備長炭こそ最適なのです。ただし紀州備長炭の絶対量が無いため、広く使われているのは竹炭です。加工されるのは備長炭といったところでしょうか。
すでに販売から10年以上たっておりますので、お手に取られた方もいらっしゃるかと思いますが、備長炭のミクロパウダーを練り込んだ歯ブラシ、石鹸、軽石、こんにゃくパフです。

紀州備長炭「歯ブラシ」

備長炭歯ブラシ
紀州備長炭歯ブラシ

紀州備長炭「軽石」

紀州備長炭軽石

紀州備長炭「こんにゃくパフ」

紀州備長炭 こんにゃくパフ

紀州備長炭「せっけん」

紀州備長炭せっけん

紀州備長炭を練り込んだ糸と、布

紀州備長炭を練り込んだ糸紀州備長炭の糸で織ったシート
シートには色々あります。今後、商品の説明をご購入いただけるようにしてまいります。
お布団、ベッド、マットの下に湿気取りで敷きます。
押し入れにも最適。
一番強力なものは炭の黒いのがつくので、上に新聞紙や他の布をかぶせると良いです。

 

炭のふとんが最高だった話

現在は製造中止になってしまったのですが、以前、紀州備長炭の粒をいれたお布団がありました。

他にも、竹炭のつぶつぶを入れたマットもあります。

マットの方は、どうしても黒い粉がでてきて、真っ白いものなら一発で黒いシミができてしまいます。

どちらも、健康体の状態でもわかるほどの、明らかな寝付きの良さ、暖かさ、ベタつかないなどの効果があったのですが、炭の粉の問題で時代にあわなくなり、製造も中止となりました。

非常に残念です。

そんな中、炭はつかっていないのですが、あの頃の炭の布団を彷彿とさせるマットレスがあります。

炭のお布団の3倍の価格! ですが、当時のお布団をお使いのお客様から、代わりになるものが見つかったと伝え聞きました。

私は使ったことがありません。

紀州備長炭のお布団は、こちらのマットレスの寝心地はありませんでしたので、正確な比較はできないと思うのですが、相当に良さそうなマットレスなのは確か。

 

もしお使いになる方がいらっしゃいましたら、是非ご乾燥お待ちしております。

念の為、その、素晴らしいらしいマットレスへのリンクを張っておきます。

【13層やすらぎマットレス】

 

長々書きましたが、最後までお読みいただき有難うございました。

諸々のご乾燥、お待ちしております。

有難うございました。

店主 ミウラノブヒト

Translate »

Copyright© 【備長炭・竹炭パウダーの販売】 , 2019 All Rights Reserved.