備長炭パウダーと竹炭パウダーの見分けがつかなくなったら?

自然

こんにちは。

備長炭と竹炭パウダーのお店「炭の屋」の店長三浦です。

本日は紀州備長炭のパウダーの撮影をしました。竹炭と見た目は全くかわらないので、もし取り違えたらまったく見分けがつかなくなります。

見た目では100%、その違いは私にもわかりません。

でももしそうなったら?

竹炭と備長炭の粉末の見分けがつかなかったら?

と考えてみて、最初に頭に浮かんだのは下敷きで静電気を起こすことです。

子供の頃、プラスティックの下敷きを頭にくっつけてゴシゴシやった記憶ありませんか?

静電気で、がーーっと髪の毛が逆だつ!

っていう、ア・レです。

 

今は髪の毛が薄くなってしまったので(泣) 同じことは出来ませんが、ア・レをやりすぎたから毛が抜けた!なんてことはないと思いますが、今度静電気実験を、炭パウダーでやってみようかなと思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »